2018年7月6日金曜日

こんにちは。

激しい気温差に正直やられてます。
個人的には梅雨は苦手です...夏が待ち遠しい今日この頃です。

さてさて、みなさんは海外のドア!と聞くとおしゃれで、かわいくて、かっこいい!
というイメージがあると思います。
そのドアたちを時にはカフェや美容室の入口に、またある時はご自宅のドアに....
様々な形で表現して来た僕たちですが、こんなこともやってみたりみなかったり....

『 アンティークドアのコーナーキャビネット 』

こちらはドアを真っ二つ。
角度をつけ接着し、レトロな塗装と三角のガラスの棚、そして照明をプラスして完成。
デットスペースを生むことなくお部屋の角にレイアウト。
もしくは背中が見えてもドアのテイストなので独立させてもGOOD!





ガラスカットの際のテンプレート


さて続きましては、
『 アンティークドアのホールスタンド 』

白を基調としたアンティークのドア。
雰囲気を活かしてタイルを敷き詰めた天板に、脚は何とアンティークの手摺子。
いったいどんな素敵な建物に使われていたのでしょうか。
玄関はもちろんリビングや寝室等にもGOOD!レイアウトはあなた次第!




このようなアンティークのドアや窓は取り壊しになってしまう建物などから
壊さず丁寧に外して大切に保管しておくそうです。
想像が膨らみますね!



あぁ素敵。

おしまい。

問い合せ先 

MEN AT WORK 
(メン アット ワーク)
 宮城県仙台市泉区南中山2丁目42-1-2 
 TEL / 022-342-8511   FAX / 022-342-8512 
担当 / 藤田 . 平間






0 コメント:

コメントを投稿