2019年8月3日土曜日

こんにちは。

暑い日が続いていますここ仙台。
気がつくとアイスを一日3つも食べていたり食べていなかったり・・・
みなさんも暑い中の長時間作業は気をつけてくださいね!

さて、今回は只今製作中でありますデスクのご紹介。

今回のメイン素材は、

Subway Tile × Vintage Tile

サブウェイタイル、どこかで耳にしたことがあるかもしれません。

『Subway』=すなわち『地下鉄』ですね。
そうです!地下鉄で使われていたんです!ゆえにサブウェイタイルですね。

サブウェイタイルのルーツは、1904年に開業したニューヨーク初の地下鉄にあります。


近年ではキッチンなど様々なところでデザインされています。
 どこか New York の Brooklyn Style を思わせます。





今回は、このタイルを使ってデスクを製作しております。

目地の間隔を均等にする為端材でスペーサーを製作。


こんな感じで・・・



ここに今回の見どころ!

ビンテージのタイルをMIXします!!
こちらはビンテージのタイルテーブル用として使用されていた物だと思います。




サイズもバッチリですね!


上面を貼り終えたら周りの小口にも専用の役物を交えて貼っていきます・・・



取り付けたときにまたご紹介致します。




ニューヨークの地下にひっそりと眠る名建築

アーチを覆う色とりどりのタイルは多くのニューヨーカーに愛されたといいます。
1945.12.31に閉鎖されましたが、現在も一部の電車が通過している為
面影を残すホームは車窓から眺めることができるそうです。
印象的なシャンデリアの灯りは落とされている為、見学ツアーの時以外は
薄暗い地下でひっそりと佇んでいるそうです。

感動しました。

おしまい。



0 コメント:

コメントを投稿